リビングこぼれ話し〜ご主人とのお引越し〜

4月27日、昨年ご主人を亡くされ、神戸からお一人でご入居された、K様からとても温かいお話を伺いました。
お引越しのお荷物の片付けも落ち着いた頃かと、お部屋にお邪魔させていただくとK様は昨日来館されていたお嬢様と「ナーブの職員さんは皆さん腰が低くて、優しくて挨拶もきっちり出来ていて教育も行き届いて関心ね。ここだったら安心ねと娘も言っていたの」とお話しして頂き大変嬉しく思いました。「ありがとうございます。そのお言葉に甘えたり、裏切ったりする事が無い様に、気をつけていきますので、お困りの事があったり、お食事の事でも、嫌な事でも何でもお話下さいね。悪い事は改善させて頂いてより安心して頂く様にしたいと思っていますから」と伝えさせて頂きました。
ご趣味のハワイアンキルトの素敵な作品を見せて頂きながら、窓の外に広がる素晴らしい海の景色にふと目を向けるとK様は昨年亡くされたご主人の話をして下さいました。
「主人は船乗りでしたから(外国船)、私は主人を連れてここに来たんです。主人に海を見せたくて一緒に来たんですよ。この写真も海が見られるようにしてるんです。大変優しい優しい主人でした」ドレッサーの前に、海が見えるように置かれたK様のご主人のお顔は、ご立派で威厳がありそれでいて優しさが滲み出ているような、K様にお似合いの方でした。K様のお話を聞いて感動で涙が溢れて来ました。「そうだったんですか・・・。K様のお部屋から見える海は『まるで海に浮かんだ船からの景色』ですね。素敵なお話しありがとうございました」「それで娘たちも神戸から淡路に来ると決めても誰も反対しなかったんですよ」そんな風に話されるK様のお部屋の角に置かれたお仏壇も、海が見えるようにされていて、愛情に溢れたご主人との暮らしが伝わって来るようでした。
k1k2k3
K様の三人のお嬢様は西宮、大阪、横浜と離れて暮らされていますが皆様本当に美人で、K様の様に明るくお優しい方ばかりです。
沢山の思い出が詰まったご自宅を離れ、どんな思いで淡路島にあるナーブを選んで来て頂けたか・・。その背景を想像すると、決して簡単な決断では無いことが想像出来ます。
今日三女様からお手紙を頂戴しました。(「母は一見元気に見えても色々と病気があり心配しています。どうぞよろしくお願いします」)とお母様を心配されるお気持ちが沢山詰まったお便りでした。
お便りの最後に(「・・・そして神戸で一人住まいをしているよりも、スタッフの方々の優しい手と、温かい眼差しに支えて頂ける事が、家族としまして、何よりも安心で心より感謝致しております」)と書かれていました。手紙を読み終えてしばらく涙が止まりませんでした。《ご本人やご家族様に決して後悔させる事が無い様に、安心して穏やかに楽しく暮らして頂く事》が私たちの最大の課題だと常に念頭に置き、一回一回を丁寧に対応していきたいと改めて固く心に誓った日でした。
k4k5k6
記者 Y・T
スタッフBlog
author : admin | - | -

“スプリングコンサート”

淡路島にも桜が咲き誇り、ナーブにも春が到来しました。田中麻衣さん(フルート)と石原翔さん(ピアノ)をお招きして、 “スプリングコンサート”を開催いたしました。午後2時半の開演だったのですが、ロビーのコンサートホールは開演を待つゲスト様でにぎわい、「春の海」の演奏でコンサートが始まりました。ピアノで筝の音色、フルートで尺八の音色を感じる演奏に、感嘆の声が聞こえて来た位見事な演奏でした。
su1su2su3
お2人の演奏は、日本を代表する馴染み深い唱歌や歌謡曲のヒットナンバーなど、どの曲も独特の雰囲気で、会場を沸かせてくれます。繊細なフルートの音色が感情豊かなピアノ演奏にからみ、音楽に詳しいゲスト様も感涙される位のすばらしい演奏でした。
最後の曲「ふるさと」では参加者全員で大合唱になり、優しい音色からそれぞれの“ふるさと”を思い出されたご様子でした。
su4su5su6su8su7
記者 S.T

《プログラム》
1.春の海 2.花 3.おぼろ月夜 4.風笛 5.ハナミズキ 6.いつも何度でも 7.ユー レイズ ミー アップ
8.また君に恋してる 9.ありがとう 10.少年時代 11.ふるさと
スタッフBlog
author : admin | - | -

サザンクロスツアー “お花見の宴”

すっかり春らしい温かい季節となり、桜の便りが次々聞かれるようになりました。
そんな中、4月1日よりサザンクロスツアー“お花見の宴”がはじまりました。
今年は4日間で計5組のお申し込みがあり、皆様満開の桜を待ちきれないご様子で、
「桜はまだかしら?」「今日の桜は何分咲きでした?」等ツアーの前からとても
楽しみにされていました。
sa3sa4
ご夫婦でお蕎麦を召し上がられたり、喫茶店でケーキとコーヒーを楽しまれたり、
美味しいお寿司屋さんでお寿司を召し上がられたりと皆様それぞれの楽しみ方で
お花見を満喫されていました。
sa5sa7
sa6sa12
私たち職員も満開の桜に、ゲスト様の満開の笑顔がとても良い思い出になりました。
sa13sa14sa9
ナーブに帰られてからも、お友達に「とてもきれいな桜だったわよ」
「来年は一緒に行きましょうね」等、嬉しそうにお土産話をされていました。
sa8sa10sa11
記者 Y・N
スタッフBlog
author : admin | - | -

コーラスサークル“日本の四季を歌う”

4月になり“花とミルクとオレンジの島”のキャッチフレーズの淡路島も、花々が咲き始め日に日に春めいてきました。
プロのピアノの先生の長坂先生の伴奏で、サブゼネラルマネージャー高橋が本格的にタクトを持って日本の四季を感じる歌を歌うコーラスサークルは、毎回40数名から50数名のゲスト様やご家族様が参加され、開催のたびに大人気!!
半時間も前から二階エントランスホールで、席とりや開催待ちのゲストで賑わっています。
cho1cho2
三月は『卒業式』の寸劇をした所、今日もゲストの間では「絶対今日も何かあるよ」と入浴中も噂話が飛び交っていたようです。
皆様期待に目を輝かせておられましたが、当然担当スタッフは皆様の期待を裏切りません。
今日は『入学式』の寸劇で、皆様に大笑いをして頂きました。
cho6
赤いランドセルを背負ったピカピカの一年生が、保育園の弟を連れて入学式に行こうとするのですが、スーツ姿のお父さんに比べお母さんは普段着のエプロンでサンダル履きの家事姿。「お前なんちゅう格好しとるねん!」と呆れるお父さん。「そんなお母さん嫌や〜!そんな格好しとるのお母さんだけや〜」と拗ねる子供たち・・・。どこにでもある家庭のリアルな様子を滑稽に再現したコント?にゲストの皆様も大爆笑。
cho3cho4
cho5cho7
次回は何がおきるやら!?ゲストのハラハラワクワクされたご様子に、担当職員は日々企画におわれています。
歌える曲のレパートリーも120〜130曲を遥かに超えて、秋には淡路合唱際に参加ししづかホールの舞台で発表出来るでしょうか。

記者 Y・T
スタッフBlog
author : admin | - | -