シエスタコンサート “ギター・マンドリン”

8月27日土曜日の昼下がり、ナーブ2階レストラン「ラ・メール」でギター・マンドリンのシエスタコンサートを開催させて頂きました。
演奏は淡路市の津名高等学校、ギター・マンドリン部の皆さんです。
gm1gm2gm3
津名高校のギター・マンドリン部は全国大会でも最優秀賞の腕前で、見事な演奏にゲストの皆様も大満足されたご様子でした。時代の流れと共にシエスタの本場、スペインやイタリアでも薄れてきた習慣のようですが、今日のコンサートでゲストの皆様は、有意義な癒しの時間『ナーブシエスタ』を満喫する事が出来ました。
gm4gm5gm6
窓の外に広がる海と青い空、移り変わる山の緑、季節毎に変わる豊かな自然に囲まれたナーブの充実した暮らしには、都会の暮らしにはない、ゆっくりと流れる贅沢な時間があります。そんな暮らしの中でこそ、人生の輝けるとき<グッドタイム>を過ごすのに相応しいと、ゲストの笑顔を見て感じる毎日です。ブログをご覧の皆様も、ぜひナーブの暮らしを体験しにお越し頂きますように、スタッフ一同お待ち申し上げております。
gm7gm8gm9
記者 Y.T
スタッフBlog
author : admin | - | -

ナーブ納涼祭  2011  〜一日わいわい夏祭り〜

nn0
数日前から、ナーブの2階エントランスでは夏祭りの準備が始められました。
賑やかに提灯が吊るされると、夏バテぎみ?だったゲストのお顔に生き生きとした活気がもどり、夏祭りを楽しみにされる会話が聞かれるようになりました。
nn2nn3nn4
8月8日の納涼祭当日は、浴衣を着て来館頂いたご家族様もお祭りの雰囲気を盛り上げて下さいました。一日中祭囃子がエントランスに流れ、元気な笑い声や拍手が会場いっぱいに聞こえ、お祭りに参加されたゲストは皆様真剣に、ゲームを楽しんでおられました。会場には縁日風のゲームが盛り沢山!!懐かしいヨーヨー釣りや駄菓子屋コーナー、射的コーナーも大人気!!ヨーヨーを釣り上げたりお菓子を選ぶ目がきらきら輝いておられたのが印象的でした。
nn5nn6nn7
女性ゲストに大人気なのはなんと言っても良く当たると評判の“マダムキミコの占いの館”やリハビリメイク、ネイルサロンです。占いは朝から行列が出来て、早くに予約も終了する位の人気ぶり。毎年占いを楽しみに来館頂くご家族様もいらっしゃるくらいです。
ネイルやメイクでいつもよりいっそう綺麗になられたゲストは、ウエディングドレス姿で記念撮影をされたり、男性ゲストもドクターのコスプレ?!で記念写真をとっておられました。(実はDR姿のお一人は本物のDRなんです。リアルなコスプレで流石によくお似合いでした。)  
nn8nn9nn10
当日の昼食も夕食もお祭りムードのお食事で、お昼はそば飯実演の良いにおいで食欲をそそられていました。スロットマシンやルーレットゴルフでは、お食事にレストランに来られたダンディな男性ゲストも、ついついゲームに熱中しておられました。
今年の福引き一等の美容室ご利用券はI様が当選され、当選の鐘の音に拍手が沸き起こっていました。
nn11nn12nn13

納涼祭のクライマックスは、なんといっても夏祭りに付き物の盆踊りです。
ナーブの納涼祭には若手ケアアテンダントが力を込めて踊る“ソーラン節”も恒例になり、そろいのハッピにハチマキを締めた勇敢な姿で踊るソーラン節は、迫力満点でした。
アンコールの拍手も巻き起こり、手拍子や「ソーランソーラン」の掛け声で会場は一つになっていました。
まだまだラストではありません。

nn14nn15nn16
nn17nn18nn19
ナーブクラブ“民舞ひととき会”の小笠原先生がお弟子さんと12名で盆踊りに来てくださり、
何だか地域上げてのイベントの様になっていました。 ゲストも来館頂いたご家族も、浴衣姿のスタッフも、飛び入りで踊りに参加。会場狭しと二重の踊りの輪が出来ていました。
年々賑やかさも増していく『ナーブ納涼祭』です。
「楽しい余韻が今も残っています。ナーブにいるとワクワクする事が沢山あって幸せです」ゲストの皆様から嬉しいお言葉が聞かれました。
ブログをご覧の皆様もぜひナーブにお越し頂きます様に、スタッフ一同お待ち申し上げております。
記者 Y.T
スタッフBlog
author : admin | - | -