ハーモニカコンサート

3月30日(土)2階エントランスにて、朝霧ハーモニカクラブの皆様をお招きしハーモニカコンサートを開催致しました。
ナーブクラブの“ハーモニカ教室”で講師をされている小柴先生も演奏されるということで、ゲストの皆様も楽しみにしておられました。
小柴先生のギター伴奏に合わせて「函館の女」「北国の春」「青い山脈」などの曲をハーモニカで演奏して頂きました。参加されたゲストの皆様は、配っていただいた歌詞カードを見ながら、曲に合わせて一緒に歌っておられました。
ha3ha6ha1
ハーモニカ演奏だけでなく、サックスや篠笛の演奏もあり、様々な音色で癒しのひとときを楽しく過ごされたご様子でした。
篠笛の懐かしい和の音色で“ふじ音頭”や“さくら”などを聞いた時は、心に響いたご様子で皆様感動しておられました。
ラストは今日はプロ野球の開幕と言う事で、ハーモニカにあわせて六甲おろしを合唱し、会場は大変盛り上がりました。
朝霧ハーモニカクラブの皆様心温まる演奏をありがとうございました。

記者M・Y
ha5ha2ha4
スタッフBlog
author : admin | - | -

スペシャルメニュー『実演握り寿司』“屋台新装開店”

数日前から「新しい屋台が出来た」と噂を聞きつけたゲストの皆様が、いつもより早めに2階へこられ、まだ開店準備中のレストラン入口に行列?が出来ていました。
20日の昼食はスペシャルメニューの『実演!握り寿司』ですが、今日の実演に向けて事務所職員の岡が設計から施工まで、手作りで作り上げた屋台のデビューの日とあって、サービス担当スタッフと事務所スタッフが厨房スタッフと一丸となって朝から大張り切りで設営をしました。
ns1ns2ns5
ns4ns3ns6
完成した屋台は素人の作品とは思えない位の出来栄えで、取り外しのきくこだわりの屋根までついた本格的な仕上がりでした。のれんも職員の手作りで温かさを感じる屋台に並べたお寿司は、いつもより豪華に見えました。
ns7ns8ns9
ns11ns12ns10
厨房主任の小濱が白衣にねじりハチマキをつけて、「らっしゃい!!」と威勢の良いお寿司屋風の挨拶で呼び込みをしながら握るお寿司は「本格的で本当に美味しい」と大好評。
屋台を覗きながら“板さん”に「僕は鯛と穴子が食べたいけど握ってくれるかな」「今日のねたは何?」と声をかけてからお席に付かれるゲストも数名おられました。
中には「あの人たちは夫婦かな」「夫婦でお店をやってるの?」「どこの出張のお寿司屋さん?」と聞かれるゲストもいて、おしどり夫婦の行列のできるお寿司屋さんは、大繁盛でした。今後も手作り屋台は大活躍の予定です。(次回は厨房チーフの真尾に作務衣と割烹着を着て“寿司屋 こはま”の女将さんになりきってもらいますので、ご期待下さい)
記者 Y・T
スタッフBlog
author : admin | - | -

シャル・ウィ・ダンス“車椅子ダンスレッスン”が新聞記事に!!

ay00
ay01
今月のシャル・ウィ・ダンス“車椅子ダンスレッスン”は3月15日の午後から、2階レストラン『ラ・メール』で行われましたが、その様子を読売新聞と朝日新聞が取材に来られました。
ay1ay2ay3
読売新聞の女性記者佐藤さんと朝日新聞の記者前田さんがカメラを構える中で最初は緊張気味のゲストもすぐに慣れ、リズムに合わせて生き生きと踊っておられました。
ay4ay5ay6
ブログをご覧の皆様も是非ナーブクラブ体験にお越し頂き、ナーブでの暮らしを体験して頂きます様に、お待ち申し上げております。
ay7ay8ay9
記者 Y・T

※ご見学・ご相談・ナーブクラブ体験 お申し込みは
フリーダイヤル (0120-702-506)   担当 高橋までお問い合わせ下さい。
皆様のご来館をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。
スタッフBlog
author : admin | - | -

桜便り

今朝の朝礼前にケアアテンダントの近藤が、「ゲストの皆様に見て頂きたくて」と、つぼみをつけた桜の枝を持ってきてくれました。
ふっくらしたツボミに一つ早めに咲いた花びらがあり、春の便りが届いたようにフロントがぱっと明るくなりました。
早速見つけたゲストは、立ち止まって「わあ綺麗」「春が来たみたいね」「咲くのが楽しみね」と会話も弾んでおられました。
桜の横にはゲストのA様が姫路の自宅のお庭で摘んで来て下さった、金柑と水仙の花が生けられて、ナーブにはもうすっかり温かい春が来たようでした。
記者Y・T

sk3sk2sk0
スタッフBlog
author : admin | - | -

ナーブ紹介 ♪

過ごしやすい季節になってまいりました。
豊かな自然に囲まれた最高のロケーションのナーブで、快適なリゾート体験をして頂くにもぴったりの季節です!ナーブでの暮らしやナーブクラブの賑わいを是非ご体験下さい。

ナーブ周辺を地図でご案内致します。
周辺には日用品が全て揃う、三階建てのイオンや地中海風の建物が並ぶ、お散歩にも最適なカリヨン広場(ショッピングゾーン)、シドニーオペラハウスを思わせるようなコンサートホール「しづかホール」(津名は静御前ゆかりの地で、静御前の舞扇の形に仕上げたようです)、歯科・内科・皮膚科・泌尿器科・人工透析センター・整形外科・耳鼻咽喉科・薬局等が並ぶ医々街(いいまち)や舞子から40分、三ノ宮から60分の高速バス停なども徒歩5から10分にあり、ナーブは海を眺める最高のロケーションの中にも生活に必要な施設が揃う便利な場所にあります。まだご見学がお済でない方は、ぜひこの機会にお越し頂きます様にお待ち申し上げております。

kn0

kn2
kn3
スタッフBlog
author : admin | - | -

地域交流会“子供和太鼓”

3月14日寒さもようやく衰え、春のやわらかな日差しが差し込む2Fレストラン ラ・メールを会場に地域交流会を開催致しました。
今日は佐野保育園の4歳から6歳までの園児さん達にお越し頂き、和太鼓の演奏を披露して頂きました。
wd1wd2wd3
子供たちの小さなからだからは想像できないくらいパワフルな演奏で、心とからだに響く音色と華麗な撥さばきに、ゲストの皆様は魅了されておられました。
和太鼓の演奏だけでなく、歌や鍵盤ハーモニカの演奏、ダンスも披露して下さり、ゲスト様は10人の園児さん達からパワーを頂きました。
wd4wd5wd6
元気いっぱいの園児さんたちの姿に「かわいいわねぇ」とゲストの皆様の表情にはたくさんの笑顔が溢れていました。
また、小さなかわいい様子に、お孫様の姿を見るように温かい声援をおくっておられるゲスト様もおられました。
wd7wd8wd9
佐野保育園の園児の皆さん、先生方、素晴らしい演奏と楽しいひとときをありがとうございました。
記者 Y・N
スタッフBlog
author : admin | - | -

サザンクロスツアー“梅を愛でる旅”

前日までの大雨が嘘だったかの様なお花見日和。
皆様お待ちかねの、サザンクロスツアー“梅を愛でる旅”が始まりました。(2日間3回に分かれてのツアーです)朝9時のお約束よりずいぶん前に、参加されるゲスト全員が2階エントランスに集まられ、久々のお出かけにワクワクされておられました。
「主人は雨男だったけど、私は昔から晴れ女!」と得意げに話されるT様、初めてのご参加で少し戸惑われながらも、最初に乗りこんだK様、皆様の笑顔は今日の太陽のようにピッカピカ!!車の中でも仲良しグループならでは、お話が弾んでいました。
um1um2um3
紅梅、白梅、しだれ梅、数種の梅が咲きそろう広田梅林では、見事に咲いた紅梅の木に見とれておられました。
次に八木にある村上邸のしだれ梅へ・・・毎年時期もよく満開の頃を堪能されていましたが、今年は記録的な寒さのせいか、2〜3部咲き。枝の先までびっしりと行儀よく並んだ小さなつぼみに、想像力豊かなゲストの皆様は「可愛いつぼみ!」とまるで満開の花を眺めておられるようでした。
um4um5um6
今日のツアーは、 “美食倶楽部” 豪華お食事つきのお花見コース。
先ほどまでの感激もこのときばかりは「花より団子」のようで、思い思いにお好みのメニューをオーダーされていました。お刺身・握り寿司・牡蠣鍋・上天ぷら・有頭エビフライ・釜揚げうどん・海鮮ちらし寿司など、次々と運ばれてくるお料理でテーブルの上はいっぱいになりました。あっという間に完食され、食後のドリンクを飲みながらゆっくりとした時間を過ごされました。
um7um8um9
お帰りの車でもお疲れも見せずに、次の桜のお花見ツアーへ向けて作戦会議。
「今度は桜ですね」「何かおやつを持ってきましょうか」とお話も弾みながら、洲本の名所めぐりをしながら帰路へ着きました。
記者YO・N
スタッフBlog
author : admin | - | -

コーラスサークル“日本の四季を歌う”

今日は朝からサザンクロスツアー“梅を愛でる旅”&“美食倶楽部”があり、久しぶりのお出かけを楽しみに参加されていた皆様から、梅便りが聞かれました。
「去年は満開だったけれど、今年は冬が長かったせいかしだれ梅はまだ三分咲きでしたよ。」冬の歌から春の歌に変わる曲紹介の前にぴったりの会話に、しばらく話が弾みました。
春の歌を数曲歌って40分たった頃、途中のお茶を楽しむ会で休憩を取って頂く間、キャラメルの香りの紅茶“キャラメリゼ”をお楽しみ頂きながら、「サウンドオブサイレンス・卒業写真・贈る言葉」をピアノ連弾で聴いていただきました。
cs1cs2cs3
今月もゲストの期待を裏切ることなく、寸劇もしっかり?行いました。
3月は卒業をテーマに、厳かに卒業式がおこなわれました。卒業生の答辞では涙ぐむゲストもおられ、式のなかで「君が代・仰げば尊し・蛍の光」を歌って頂くと「まるで本物の卒業式に参加した様な気分です」「若い頃の教師時代を思い出しました」「子育ての頃が懐かしく思い出されました。良かったです」等の声が聞かれました。
「歌は素晴らしい!!日本に生まれて良かった!!」と次はどんな企画で皆様にお楽しみ頂こうかと、熱い気持ちがこみ上げてくる情熱たっぷりの担当スタッフでした。
記者Y・T

cs4cs5cs6
スタッフBlog
author : admin | - | -

雛飾り

窓から見える景色の中にも、少しずつ春の気配を感じるようになりはじめた頃、毎年ロビーに雛人形が飾られます。
情緒ある掛け軸と、お内裏様とお雛様の会話が聞こえてくるような、可愛いお顔の雛人形が、優しく手招きをして、幸せや春を呼び込んでくれるようで、レストランに来られたゲストの皆様も、少しだけ遠回りをしてお雛様のお顔を見てからお部屋に帰るのを、楽しみにされていらっしゃいます。
お散歩に出られたゲストのK様から「お散歩に行けない人に見てもらいたくて」と水仙の花を頂きました。小さな温かい春がナーブのなかに一足先に訪れていました。
記者 Y・T

331332333
スタッフBlog
author : admin | - | -